不用品回収の費用はどれくらいかかる?

リサイクルできない粗大ごみ・不用品や産業廃棄物は処分するときに費用がかかる。引越し代を節約するためのはいらない物の処理はなるべくお金をかけずやりたい。粗大ごみ回収の代表的な方法は引越し業者、民間の粗大ごみ回収業者、自治体の行政サービスの3つである。
以下概算ではあるが、各処理方法で1人掛けソファの料金を調べてみた。
・引越し業者
引越し業者は引越し作業のとき、そのついでに不用品を回収してくれるので明確な料金の提示がある会社は少ない。だが、だいたい3,000円から5,000円くらいである。交渉次第で安くなるケースも多い。
・民間の粗大ごみ回収業者
民間業者の大多数は「基本料金+処分する品目+オプション(解体費用や階段での運び出し費用等)」という料金体系をとっている。基本料金は2,000円〜3,000円。一人掛けソファを1つ回収してもらう場合は基本料金3,000円+2,000円だから5,000円ほどの費用がかかることになる。
・自治体の行政サービス
収集600円、持ち込み300円とほかと比べて圧倒的に安い。ただ安い分手間はほかの業者サービスにくらべてかかる。自力で運び出さなくてはならない。今回のような小さめのソファなら問題なく回収してもらえるが、回収不可の品目も多い。
→どのような粗大ごみ・不用品を回収してくれるのか
※ちなみにこのデータは東京(一部地域を除く)の場合。引越し業者や民間業者も業者によってサービス料金が異なるので参考にした後は実際に自分の住んでいる地域や利用予定の業者の値段を調べる必要がある。