どのような方法で収集してくれるのか

不要になったものを片付けることになり業者を選ぶときに、もちろん価格は一番気になるところ。しかしどのような方法で収集してくれるかも事前に調べておいたほうがいい。特にマンションやアパートから引越しをする場合や、そこから不用品・粗大ごみを出す場合は特に考慮する必要がある。
なぜなら階数が高い場所から不用品を運び出すとなると、大仕事になるからだ。一人掛けのソファなら何とかエレベータにも入るだろうし、運ぶことはできる。しかし大きなベッドのマットレスや家族用のソファ、ダイニングテーブルなどは一人では到底運ぶことができない。そして、あまりに大きいものはエレベータで運べないばかりか、解体をして運ぶ必要がある。
では各業者はどのように収集してくれるのだろうか。
・引越し業者
部屋から引越し時にほかの荷物と同様に運び出してくれる。
・民間の回収業者
引越し業者と同様。
・各自治体
指定の場所まで自分で持っていく必要がある。
引越し業者や民間の回収業者であれば、追加料金を払えばエレベーターがなくともどんな大きな荷物でも運び出してくれる。そして大きな家具の場合でも解体して回収してくれる。自治体の場合は指定された場所まで運び出すか、持込が可能な自治体であれば車などで自力で運ぶ必要がある。
民間の回収業者は産業廃棄物や粗大ごみなど、ありとあらゆるものを回収するプロであるから、大きな家具や自分の手に負えないようなものはお願いをしたほうがいい。また自力で運べる小さな不用品はまず不用品買取でリサイクルできないか調べて、できない場合は自治体で回収してもらうのがいい。